菩提寺や戒名はどうするの?

MENU

葬儀の準備について

できるだけ早いタイミングで連絡する

菩提寺があれば、葬儀社の手配と同時に、早いタイミングで連絡を入れます。
葬儀社との打合せが終了してからの連絡となると、日程の調整などでトラブルの元になります。
かつては、葬儀の前に枕経といわれる簡単なお経をあげることが多かったのですが、最近は特に都市部では枕経を省略する人が増えています。

 

蓉菩提寺が遠方の場合

菩提寺が遠方にあり、明らかに来てもらうことが不可能といった場合でも、今後の法要や納骨の際にお世話になる可能性が高いので、必ず一報を入れ葬儀についての相談をしましょう。
戒名(法名)も、菩提寺につけていただくのが基本です。もし来てもらうのが難しい場合は、同じ宗派の寺院を紹介してもらいます。
菩提寺がない場合は、葬儀社に依頼すれば、宗旨・宗派に沿った寺院・僧侶を紹介してくれます。

 

葬儀の宗教を決めるときは、「故人の宗旨にする」「家族の宗旨にする」「相談して決める」などの選択肢が考えられます。
葬儀については故人を送るセレモニーなので、故人の宗旨を尊重するケースが多いようです。
ただし、最終的にどこのお墓に入るかという部分まで、考えておかねばなりません。
公営や宗旨宗派不問の墓地に納骨する場合は、さほど影響はないですが、家族の墓がある寺院墓地への納骨を予定しているのなら、改宗を求められる可能性もあるので、寺院を含めて話し合う必要があります。

 

戒名について相談をする

寺院を手配する際には、戒名(法名一法号)をつけていただくよう依頼しておきましょう。
通夜当日までに、僧侶が白木位牌の表側に戒名を書いて持参してくれます(もしくは、戒名が窖かれた紙を通夜当日位牌に貼ります)。 

 

そもそも戒名(法号・法名)とは、仏教に帰依した人に与えられる仏の弟子としての名前をいいます。
本来、戒名は生前にいただくものなのですが、現状では亡くなった後に授かる人がほとんど。
本人が戒名不要・俗名でいいと言っていても、寺院境内のお墓に納骨する予定がある場合は、基本的には戒名を付けていただくことになります。

 

お布施を準備する

葬儀の際に渡すお布施には、通夜から葬儀・告別式までセレモニーに対するお礼と、戒名に対するお礼が含まれており、「お布施」として一括で準備します。
本来戒名は売り買いするものではなく、「戒名料_という言い方もしないのですが、院号や位号、文字数が金銭で取引されているのが現実です。

地元での葬式に対応した無料見積もりはこちら